<noframes id="tntf7">

<ruby id="tntf7"><del id="tntf7"><output id="tntf7"></output></del></ruby>
<address id="tntf7"></address>
<del id="tntf7"><dl id="tntf7"><mark id="tntf7"></mark></dl></del>

    <ol id="tntf7"><rp id="tntf7"><delect id="tntf7"></delect></rp></ol>

    <ol id="tntf7"><b id="tntf7"></b></ol>
    <i id="tntf7"></i>

    <dl id="tntf7"><del id="tntf7"><output id="tntf7"></output></del></dl>
    <ruby id="tntf7"><delect id="tntf7"><font id="tntf7"></font></delect></ruby>
    <del id="tntf7"></del>

    船舶用GPS受信機/航法装置のロールオーバー問題に関するお知らせ

    お客様各位

    平素より当社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

    当社マリンエレクトロニクス製品のGPS受信機(センサー)/航法装置で発生する「GPS時刻のロールオーバー問題」に関してお知らせいたします。

    GPSシステムは、私たちが日常使用している時刻とは異なる時刻で運用されており、そのシステムでは19.6年でリセットされるようになっています。そのため基準となる日から19.6年経過した時点でGPS受信機(センサー)/航法装置の機器内部の時刻がリセットされ、日付の誤表示/誤出力、あるいは測位動作が不安定になる現象が発生します。この現象を「GPS時刻のロールオーバー問題」と呼んでいます。

    ロールオーバーが発生すると、弊社船舶用GPS受信機(センサー)/航法装置は次のような問題を起こすことが予想されます。
    1. 機器に表示される日付が19.6年前に遡ります。
    2. 機器から出力される日付データが19.6年前に遡ります。
    3. 日付が狂うことにより一時的に測位動作が不安定になるか、あるいは停止します。

    ロールオーバーが発生した際には機器の電源を2回入れ直していただきますと、測位動作は正常に復帰します。測位動作復帰後、日付は19.6年前に遡ったままで修正されませんが、時刻及び測位動作は正常に推移します。

    お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご理解下さいますようお願い申し上げます。

    対象となるGPS受信機/航法装置及び対応策

    機器に表示される日付、及び機器から出力される日付データをご使用にならない場合は、対応は必要ありません。これらの日付データを継続してご使用になられる場合には下記のいずれかの対応策が必要となります。
    1. ソフトウェアのバージョンアップ
    2. 機器の換装(ソフトウェアのバージョンアップでは対応できない機器の場合)
    機種毎の対応策については下記表を参照して下さい。
    基本的にはソフトウェアをバージョンアップすることでロールオーバーの発生を2028年まで先送りすることは可能ですが、ソフトウェアを書き込むIC等が入手困難である機器につきましては、たとえ有償であっても対応(ソフトのバージョンアップ等)ができない場合もあります。その場合は、機器換装(有償)にて対応させていただきます。また「ソフトウェアをバージョンアップ」となっている機器の対応につきましても、詳細はご購入されました販売店、もしくは当社営業担当へお問い合わせ願います。いずれの対応につきましても有償とさせていただくようお願い申し上げます。
    同じ機器でも、ソフトウェア番号、バージョンにより発生日が異なる場合があります。下記表には既に発生したものと、最も早く発生する可能性のある日付を記載しています。

    表1.GPS受信機/GPSコンパス

    ロールオーバー発生日 機種名 対応策
    2010年8月15日 GPS-4A 機器の換装を推奨
    GPS-5
    2012年2月5日 GPS-4Amk2
    GPS-6
    2013年1月20日 GPS-10
    GPS-10A
    KBG-1
    KBG-2/DGPS-11
    2021年8月1日 GPS-20A 製造番号:02097323以前
      機器の換装を推奨
    製造番号:02097324〜02097358
      GPSモジュールのソフトウェアを
      バージョンアップ(※)
    KBG-3 製造番号:00302555以前
      機器の換装を推奨
    製造番号:00302556〜00302682
      GPSモジュールのソフトウェアを
      バージョンアップ(※)
    2023年2月19日 KGC-1 製造番号:00101312以前
      ソフトウェアをバージョンアップ
    2027年8月15日 KGC-1 製造番号:00101313〜00101791
      ソフトウェアをバージョンアップ
    2029年4月1日 KGC-1 製造番号:00101792〜
    ソフトウェアをバージョンアップ
    2029年12月2日 GPS-20A 製造番号:02097359〜
      GPSモジュールのソフトウェアを
      バージョンアップ(※)
    KBG-3 製造番号:00302683〜
      GPSモジュールのソフトウェアを
      バージョンアップ(※)

    (※)当社工場でバージョンアップする必要があります。

    表2.GPS航法装置

    ロールオーバー発生日 機種名 対応策
    2010年8月15日 KGP-95 / GPS-7 機器の換装を推奨
    KGP-97 / GPS-8
    KGP-910 / 910A
    GPS-77P
    KGP-911 / GPS-88P
    KGP-930
    2012年2月5日 KGP-98 / 98D
    GPS-9 / 9D
    KGP-931
    2013年1月20日 KGP-9 / HG-7
    KGP-912 / GPS-99P
    KGP-913 / 913D
    GPS-90 / 90D
    KGP-931D
    2021年8月1日 KGP-920 製造番号:92002298以前
      機器の換装を推奨
    製造番号:92002299〜92002415
      GPSモジュールのソフトウェアを
      バージョンアップ(※)
    KGP-913MkII 製造番号:91332146以前
      機器の換装を推奨
    製造番号:91332147〜91332250
      GPSモジュールのソフトウェアを
      バージョンアップ(※)
    2029年12月2日 KGP-920 製造番号:92002416〜
      GPSモジュールのソフトウェアを
      バージョンアップ(※)
    KGP-913MkII 製造番号:91332251〜
      GPSモジュールのソフトウェアを
      バージョンアップ(※)

    (※)当社工場でバージョンアップする必要があります。

    表3.GPSプロッタ/プロッタ魚探

    ロールオーバー発生日 機種名 対応策
    2010年8月15日 GTD-07 電源を2回入れ直す
    GTD-2000 機器の換装を推奨
    GTD-2020 電源を2回入れ直す
    GTD-210 機器の換装を推奨
    GTD-2200 / 2200X 電源を2回入れ直す
    GTD-2210
    GTD-2400
    GTD-2410
    CVG-8000 機器の換装を推奨
    2012年2月5日 GTD-1100
    GTD-2010 電源を2回入れ直す
    CVG-1000 機器の換装を推奨
    CVG-6000 / 6000Mk2
    CVG-8080 / 8080Mk2
    2013年1月20日 GTD-1200
    GTD-2300 機器の換装を推奨
    GTD-2300R 電源を2回入れ直す
    CVG-1010 / 1020 機器の換装を推奨

    スォメケテ箙ムノツモーヤコ-ネユアセサニノォニャ-フリサニフリノォネシカヤレマ゚ケロソエ-ネユコォオ醺ーヘ