<noframes id="tntf7">

<ruby id="tntf7"><del id="tntf7"><output id="tntf7"></output></del></ruby>
<address id="tntf7"></address>
<del id="tntf7"><dl id="tntf7"><mark id="tntf7"></mark></dl></del>

    <ol id="tntf7"><rp id="tntf7"><delect id="tntf7"></delect></rp></ol>

    <ol id="tntf7"><b id="tntf7"></b></ol>
    <i id="tntf7"></i>

    <dl id="tntf7"><del id="tntf7"><output id="tntf7"></output></del></dl>
    <ruby id="tntf7"><delect id="tntf7"><font id="tntf7"></font></delect></ruby>
    <del id="tntf7"></del>

    マリンレーダーで「はやぶさ2」カプセル探知に成功??!

    前回のトピックスで「はやぶさ2」のカプセルが地球に帰還し、その著地點探索において當社マリンレーダーが無事にカプセルを探知できたことをお知らせしました。今回はその詳報です。
    當社マリンレーダーは初めにS2という名稱の局でカプセルのパラシュートからの反射信號を検知しました。このときの直線距離は約22kmでした。
    その後、N2局、N3局で順次信號を確認し、最後はN2局において最終探知結果を得ました。光電カプセル回収チームでは見事3局ものレーダーでカプセルの追尾に成功したのです。
    後のデータ解析結果では、探知できた最長の直線距離は30km以上、カプセルの最終著地點とレーダーの最終探知結果との差異は200m程度と、大変優秀な結果が得られていることがわかりました。
    當社で開発したマリンレーダーが十分に探知能力を発揮できることが証明できたのです。

    ※N2局におけるカプセルの軌跡

    2020年12月11日、YouTubeのJAXAチャンネルにおいて、「はやぶさ2帰還?拡大後夜祭 ~中高生向けオンライントークライブ~」というイベントのライブ配信があり、この中で、光電製作所の社員がミッション概要について説明しています。
    視聴者からのQ&Aと共に、チームの活躍の様子が紹介されていますので是非ご覧ください。
    (當社社員によるミッション概要説明は56分頃から)

    今回の「はやぶさ2」カプセル回収ミッションへの參加に対し、溫かいご支援を頂き、誠にありがとうございました。
    株式會社光電製作所は、今後も技術力を高め、社會に貢獻できる製品を創造していきます。

     実際のカプセル著地點における光電メンバーの記念寫真
    大役を果たし、晴れやかな笑顔です

    畫像3 光電製作所はこれからも技術力の高い製品を創り出していきます



    • バックナンバー
    将夜免费神马影院-日本黄色片-特黄特色三级在线观看-日韩电影网